よくあるご質問

パナソニックの自転車について、みなさまよりいただくご質問とご回答をご紹介します




電動アシスト自転車について

バッテリの寿命はどれぐらいですか

3〜4年で交換のご準備をお願いいたします。



  使用期間によるバッテリ劣化

バッテリは時間経過と使用により劣化します。 使用回数の少ないものでも数年の経年劣化で寿命を迎えます。


 当社の現行リチウムイオンバッテリの製品保証の条件としまして、・2年以内、・充電回数700回以下、・性能劣化50%以下を挙げております。そのこともあり「3年使用したが数えるほどしか充電していないのに走行距離が短くなったのは、品質の問題ではないか?」と、 ご相談をいただく場合がございます。これはバッテリは経年劣化があり、使わない期間も劣化が進行するために起きる症状でございます。

     2年以内の場合は製品保証書とバッテリをご購入店にお持ち込みいただき、品質検査をご依頼ください。



  使用期間のほかに影響するもの。

 バッテリは消耗品であり、使用環境・劣化の進行度合いはバッテリにより違います。また、バッテリに求める性能もお客さまそれぞれであり、寿命はひとことでは申し上げられませんが、それも含め、およそ3〜4年で交換(追加)されるお客さまが多くございます。

○ 使用環境
 高温での利用。保管(放置)期間。充電回数、これらが極端にの多い場合などは寿命を短くします。 (参考:バッテリーを長持ちさせる方法はありますか?
     例)夏場炎天下でバッテリをつけたままでの駐輪が多い。(高温使用が多い)
     例)坂道の長距離走行など、高負荷運転が多い。
     例)スペアを購入し、箱にいれたままずっと保管してあった。
     例)たまにしか乗らないため、空の状態で保管することが多い。
     例)冬場は乗れないので空の状態で何ヶ月も放置することが多い。

○ 劣化度合
 バッテリ内部には、7〜56本もの電池が組み込まれています。同じタイプのバッテリでも、使用が進むにつれ、それらの劣化状況には個体差が現れてまいります。 (参考:バッテリの直列・並列とは

○ 求める性能
 5km走行できるバッテリがありましても、通勤で1日30km走る性能が必要なお客さまには買い替え(追加)が必要となりますが、1km走ることができれば十分なお客さまにとりましてはまだまだ使えるバッテリといえます。 同じ劣化状態のバッテリでもお客さまの環境によっては寿命となります。